FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

りあるたいむ
仮装も日常も
プロフィール

鹿島

Author:鹿島
twitter〖kashimaxxx〗
cure:51342 関東レイヤー(東京)
ホットケーキ食べたいなぅ
大体ツイッター引き籠ってる厨二くさい人
今熱い:進撃の巨人・死の外科医

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
フリーエリア
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 小話・ネタ集

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

W司令塔を美味しく頂くためのレシピ
狂うしい程に大好きなんだよ祭←

snap_stagislander_20114123615.jpg

どうも鹿島です妄想が好きです(*^P^*)

今日はいつだか言ってた妄想きどふどきど晒しに来ちゃいました

本当にね、本当に私この二人大好きなの

真剣にすきだからちょっと真面目にやったら思ってた以上に切ない感じのシリアスになってしまったけど

これはこれで、いや…私はこんな二人も大好きなんです


物語はミスターKの事故の後でのイナズマジャパンが舞台ですが

背景描写が苦手な為、可愛そうなくらい鬼道と不動しか出てきません

セリフも多めにして誤魔化しごまかしま


それでもぉkて方は追記よりどうぞ(◎=◎)人(ξv´)




かきながらずっと聞いてたのでBGMにでも、と貼っておく












side不動

あの影山が亡くなったとテレビで見てからと言うものの
まったく実感がわいてこないと言う鬼道

そんな気持ちとは裏腹に
周りからは見てわかるくらいの無気力さ

あの佐久間さえ
掛ける言葉に困ってやがる

何を言っても
「あぁ」「すまん…聞いてなかった」

そう言ってへらへらするお前
正直見てらんねぇ…泣きたいなら勝手に泣けばいいし
認めたくねぇならそう大声で叫べばいいのによ

これだからメンタル弱いお坊ちゃんはよぉ
ったく……相変わらずうぜぇ

考えてたらイライラしてきた

そう、これは
ホントただの気まぐれ

じゃなきゃこんなめんどくせーこと進んでやったりしねぇ





【追憶の影を...】


side鬼道

あれからというもの
どうしたって体が重い

せっかく、また「総帥」に会えたというのに
事故…?あの、総帥が
そう簡単に終止符を打つだろうか

俺は何に縛られてる…?

俺を縛るものはもうないはずだ

なのに…

この押し潰されそうな重さはなんなんだ

~~~~~♪

メール…

IMG_0171.jpg



ドンドン!
「鬼道くん、準備出来たかよ」

ドンドン!

はぁ…(なんでよりによって)

ドゴォン!!

「オィ…しかとかよテメェ」


IMG_0173.jpg



「折角の男前が台無しだねぇ」

相変わらず不動はニタニタ笑うやつだ
きっと俺が調子悪いのを良いことに
からかいにでも来たのだろう

「何の用だ不動…」

IMG_0174.jpg


「お前周りが気付いてねぇと思ってんのかよ」
「…なんの事だ」
「いつまでも甘えてんじゃねぇぞ、またずるずるずるずる」
「俺は、そんなつもりは…」
「ふざけろテメェ!そーやっていつまでも塞ぎ込んで!何か解決すんのかよ!!
 どうなんだよ!鬼道!!」

今まで不動に背を向けていた肩を掴まれ
思わずその手を払った

パシンッ

IMG_0168.jpg



「お前には関係ないだろ…ほうっておけ」

そう言って俺はまた背を向ける

後ろからは舌打ちが聞こえる
これで不動も呆れて帰るだろう、もう

俺にかまうな
頭ん中がかき乱されて吐きそうだ

「いい加減にしろ」

そう言って不動は俺を無理やり立たせる

「はなせ不動」

「……。」


IMG_0170.jpg



何処へ行くのかとか
こいつを引きとめる言葉すら

もうどうだっていい











------------------一旦休憩---------------------------------------------


プハー!/////
前にmixiに上げたやつなんだけど途中なんだけど
再熱しちゃったからこっちに載せしったばばばば
途中チョコチョコいる挿絵はジャッジスルーして頂きたい
誰か描いて頂きたい差し替えたいつらい

だから私は絵描きでも文書きでもないと何度も言っておろうに何を中途半田にはじめてんだ、その結果がこれだよグダグダだよ

だれかリメイク激しく希望


今回の鬼道はアニメ仕様なので
とてもメンタルが弱いです

今回あきおはとても男前です

お前の痛みを分かち合ってやるつもりはねぇし
慰めてやるほど俺はおひとよしじゃねぇ

けどよ、その痛みを受け止めてやることは出来る

お前が自分で見つけねぇと答えになんねぇんだろ

しっかりしろよ、らしくもねぇ…





もうだめ鬼不鬼好きすぎて頭おかしい
ねぇハゲなの?わたしハゲてるの?もうハゲでもいいよ


鬼不鬼なんなの
万能過ぎるだろェ…(*^p^*)

もう何にからでも鬼不鬼に繋げられる自信がある


まだもーちょっと続くので
お暇な方はよかったら白い目で見てやって下さい






-------------------------お前の作品は二流続けだな-------------------------------


side鬼道


あれから不動に連れられ乗り込んだ電車は今もなお進み続ける
もう、何時間経ったのだろうか
だんだん降り行く人の背中を見送りながら
不動はじっと目を閉じたままで
降りようという気配はない

何処へ行くのか、何がしたいのか
聞かない俺も俺だが

相変わらず不動は黙ったままだった

気付けば車内にはほとんど人影もなく
向かいの窓を眺めては
見慣れない景色がチラつく

いったい今何時なんだろうか
たいして知りたいわけでもないのに
随分傾いた太陽の位置から

あぁずいぶん遠くまで来たものだと実感する

電車特有の規則的なリズムが
俺の思考回路を緩ませていく




しばらくそんなことを考えていると
隣の不動が静かに立った
目の前には人気のない駅、俺の前に影一つ
影はなおも静かに言った

「降りるぞ」










「追憶の影を...episode2」




ホームを降りると目の前には既に海が広がっていた
風に乗った潮風が本当に海に来たと言う実感を与える
重たい首を上げて目的地を見上げる


11190317_857502799_54large[1]



「しも、なだ…?」


「愛媛だよ、こっからまた歩くぞ」


サラッと不動の口から出た「愛媛」と言う言葉に
無意識に体が硬くなる

俺を縛るものは
ここにはもうないはずだ、なのに
胸の奥がドクンと強く脈打つ

総帥の顔が浮かんでは
息を吸ってるのか吐いてるのかもままならなくなる

必死に自分を保ちながらも呼吸がしずらい
意識が飛びそうになった瞬間
強く腕を引かれコチラへ引き戻される

「………さっさと着いて来い」

「あ、あぁ…」












-----------------




-----------------------------------------

side不動

あれからしんきくせぇ顔の鬼道くんを連れ出したはいいものの
当初の目的からだいぶずれてしまっている

気付けば二人分の切符を買って
丁度良く来ていた電車に乗り込む

相変わらず隣のコイツは黙ったままだ
俺にされるがまま着いて来たものの
何処に行くのかとか
何がしたい
とかないのかねぇ、気付かれないように様子を伺えば
じっと遠くを見るその赤い目に

イラッとする

目的地は決まったものの
まだ時間は掛る

だが俺はその時間を仲良く過ごすつもりはねぇ

だんだん車内も人が少なくなり
日も陰る

隣のコイツはずっと車窓を眺める

チンタラ走る電車が俺を余計イライラさせた





暫くして目的に着き
俺が立ったのに気付いてんだか気付いてねぇんだか
目の前に立っても顔すら上げやしねぇ
降りること伝えれば小さく返事を漏らした

電車を降りれば潮風独特のしょっぱいにおいと
ベタベタした風邪が横切る

気持ち悪ぃ

歩きだそうとした後ろで
鬼道がつぶやいた

「しも、なだ…?」

間髪入れず愛媛だと伝えれば
分かり易いほど固まっていやがる

このままじゃいつまでもそこに突っ立てそうな鬼道を引っ張る
一瞬見えた表情に胸の奥が強く脈打つ

…俺を、誰かと、見間違えるな

重い足の鬼道に合わせることなくズルズル引っ張ってやる


ココへ来たのは
正直賭けだったと思う

勝算があるわけでもねぇし
とくに何をするつもりでもねぇ

気付けばココまで来てたってわけ

作戦も無しにピッチに向かうなんて
らしくもねぇ

この緩みきった思考回路も
気持ち悪ぃ電車の規則的な揺れのせいにして

歩きだす、
足が重いのは、長旅のせい

俺はこんな小さな影に呑まれたりしない
俺はこんな小さな海にかき消されたりしない


いつもより小さく感じる鬼道の影を横目に
心の中で悪態をうつ

どいつもこいつも
らしくねぇ顔しやがって









向かうのは、追悼





































ぇええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ無理だろこれー!ぜっっっっんぜん思うように進まないんだが!!!!ガッシャンバッシャン

すんません
メモったとこまで
たどりつけなかっったバタリッ

鬼不鬼の正念場はまたここからなんです(;;m;;)うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううえぐっえぐえぐ

これ誰得俺得

まぁ愛媛に着いたからよしとしよう



こんなんばっか毎日妄想してる只のW司令塔厨ですプシュー…//////////
あらすじだけは出来上がってるから…続き書きたいな…

うーん

こーゆうのってブログでよかったのかな
別拓作ってやるべきなんだろうけど、そんなに運営上手じゃないよ(*´^ω^`*)でへぇ

もっとこーしたほうがとか何か感想頂けたら本望なんだけど
これ続き見たい人いんのかな?www

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。